パスポートの申請・取得と費用、紛失や再取得について。

海外旅行、海外出張の準備で必須の必需品といえば「パスポート」です。パスポートの取得は各自治体で行っています。お住まいの地域の役所でパスポートの申請ができます。パスポート取得に必要な書類や料金を教えてもらえますので、まずは電話やインターネットで調べてみましょう。

 

パスポートを取得したら、海外に出発する前にパスポートのコピーを取得して、自宅の金庫や大事なファイルとして保管しておくとよいです。海外で何かあった場合に家族に連絡をして、パスポート番号(パスポートID)やコピーを現地にFAXしてもらうこともできますので、とっても安心ですよ!

 

パスポート申請取得に必要な書類とお金

一般旅券発給申請書 1通
戸籍謄(抄)本 1通
写真 1葉
申請者本人に間違いないことを確認できる書類
未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合(申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は後見人が必ず署名)

 

10年間有効な旅券(20歳以上) 16,000円
5年間有効な旅券(12歳以上) 11,000円
5年間有効な旅券(12歳未満) 6,000円

 

お住まい近くの役場でパスポート申請できますので、気軽にお願いしましょう!パスポートの申請から受け取りまで早くて一週間前後、遅くても2、3週間で発行が可能です!

海外でパスポートを紛失、盗難した場合。最発行期間など。

海外でパスポートを紛失、盗難した場合。最発行期間など。

 

もし、外国でパスポートを紛失したり、盗難にあった場合はすぐに現地の日本大使館で手続きしましょう。

 

在外公館リスト(日本大使館)

 

紛失の届けと同時に新しいパスポートの申請をするか、帰国するための渡航書を申請するかの、2つの方法があります。短期の旅行、海外出張の場合は、渡航書を申請することになります。戸籍謄本(抄本)か、日本国籍を確認できる書類が必要になります。

 

海外でパスポート紛失、盗難の場合の対応

まずは現地日本大使館にいく(日本大使館のリスト)
現地の警察に届出をする(海外での緊急対応が記載された本)
クレジットカードの海外サポートに連絡をする(海外サポートが充実したクレジットカード)
日本の家族に連絡をする(国際ローミングに対応した携帯電話が便利)
免許書のコピー、パスポートのコピー(パスポート番号と発給年月日)、現地通貨、財布はパスポートとは別に保管しておきましょう!

 

紛失や盗難の際、便利ですので運転免許証(コピーでもOK)などを持参して、パスポートと別々に保管しておきましょう。また、自分のパスポート番号と発給年月日は、必ずメモして控えておきましょう。

 

自宅や日本の家族などにパスポートや免許書のコピーの場所を教えておく事も忘れずに。海外から携帯電話や国際電話で連絡をして対応してもらうことが多くなります。 パスポート取得時の写真も持っておくと便利ですよ!

 

また海外でのパスポート再発行期間は数日から1週間といわれていますが、期間はまちまちです。帰国するための渡航書を申請はすぐに対応してもらえます。いずれにせよ大使館の担当者の指示に従いましょう!